遊説

【意味】 遊説とは、意見・主義・主張を説いてまわること。特に、政治家が各地を演説してまわること。

【遊説の語源・由来】

「遊」は「あそぶ(遊ぶ)」の意味ではなく、「歩き回る」の意味。
明治初期の漢語辞書『新令字解』では、「遊説」に「イウゼイ」「トキアルク」とある。
本来は、古代中国で、天子から与えられた領土を支配する諸侯を訪ね、考えを説いて歩き回ることを意味した。
そこから、日本では政治家が各地を演説して回る意味で用いるようになった。

【関連語】

遊び(あそび) アピール 歩く(あるく)
行脚(あんぎゃ) 演説(えんぜつ) お喋り(おしゃべり)
赴く・趣く(おもむく) 口説く(くどく) 御託を並べる(ごたくをならべる)
出張(しゅっちょう) スピーチ スローガン
政治(せいじ) 大臣(だいじん) 知事(ちじ)
地方(ちほう) 長広舌(ちょうこうぜつ) トーク
説く(とく) 唱える・称える(となえる) 能書き(のうがき)
述べる・陳べる・宣べる 話(はなし) PR・ピーアール
ポリシー マニフェスト 回る・廻る(まわる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス