郵便

【意味】 郵便とは、はがきや手紙・小包などを送達する通信制度。また、それによって送られるもの。

【郵便の語源・由来】

郵便は和製漢語で、「郵」は伝令の中継をするための頓所や、飛脚の中継をする宿場を意味する。
「郵」を使った漢語には、宿場から宿場へ文書を送ることを意味する「郵伝」、駅伝で送る便りを表す「郵信」、文書を送る意味の「郵送」などがある。
「便」は「便り」や「手紙」の意味があり、この二つを合わせて「郵便」と名付けられた。
近代日本の郵便制度はイギリスの制度を真似たもので、明治4年(1871年)、前島密によって国営事業として発足され、それまでの飛脚に取って代わった。

【関連語】

駅伝(えきでん) 送る(おくる) 音沙汰(おとさた)
為替(かわせ) 切手(きって) 消印(けしいん)
小切手(こぎって) 頼り・便り(たより) タラヨウ・多羅葉(たらよう)
手形(てがた) 手紙(てがみ) 梨の礫(なしのつぶて)
年賀状(ねんがじょう) ハガキ・葉書(はがき) 文・書(ふみ)
ポスト 宿(やど)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス