ゆうべ

【意味】 ゆうべとは、昨日の夕方から夜にかけて。前日の晩。昨晩。

【ゆうべの語源・由来】

古くは「ゆうへ(ゆふへ)」で、「ゆう(夕)」に「そのあたり」「その頃」を表す接尾語「へ(方・辺)」が付いた語。
一説には、「よべ(夜方)」が転じた「ようべ」の音変化ともいわれる。
上代・平安時代には、夜が「ゆうべ(夕べ)」「よい(宵)」「よなか(夜中)」「あかつき(暁)」「あけぼの(曙)」「あした(朝)」の順に分けられており、ゆうべは夜の始まり(夕方)をいった。
一日の始まりが、夜中の零時をさすようになったため、ゆうべは前日の夜をさすようになり、多く「ゆうべ」を「昨夜」と書くようになった。

【関連語】

暁(あかつき) 曙(あけぼの) 朝(あさ)
明後日(あさって) 朝っぱら(あさっぱら) 朝ぼらけ(あさぼらけ)
朝まだき(あさまだき) 明日(あした) 明日(あす)
有明(ありあけ) 古(いにしえ) 一昨日(おととい)
一昨年(おととし) 昨日(きのう) 今日(きょう)
暮れ(くれ) 今朝(けさ) 今年(ことし)
今宵(こよい) 頃(ころ) 明々後日(しあさって)
東雲(しののめ) 黄昏(たそがれ) 時(とき)
晩(ばん) 昼(ひる) 前(まえ)
昔(むかし) 夕方(ゆうがた) 宵(よい)
宵の口(よいのくち) 夜(よる) 黎明(れいめい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス