遊山

【意味】 遊山とは、山野で遊ぶこと。気晴らしに遊びに出かけること。「物見遊山」などと用いる。

【遊山の語源・由来】

本来、禅宗の言葉で仏教語であった。
遊山の「遊」は自由に歩きまわること、「山」は寺のことで、修行を終えた後、他山(他の寺)へ修業遍歴の旅をすることをいった。
転じて、山野の美しい景色を楽しみ、曇りのない心境になることを意味するようになり、それが一般にも広まり、気晴らしに遊びに出かけたり山野で遊ぶ意味となった。

【関連語】

遊び(あそび) 美しい(うつくしい) 観光(かんこう)
キャンプ 出張(しゅっちょう) 旅(たび)
寺(てら) トラベル 野(の)
ハイキング バカンス バケーション
ハネムーン ピクニック ヒッチハイク
紅葉狩り(もみじがり) 山(やま) レクリエーション
レジャー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス