浴衣

【意味】 浴衣とは、木綿で作った単衣(ひとえ)の着物。

【浴衣の語源・由来】

浴衣の漢字は当て字で、「湯帷子(ゆかたびら)」の略である。
「湯帷子」は入浴時や入浴後に着る「帷子」のことで、「帷子」とは夏用の単衣の着物を意味し「片枚(かたびら)」とも書かれる。
平安中期の『和名抄(倭名類聚鈔)』には、「内衣 布で沐浴の為の衣也」とある。
江戸時代以降、入浴に関係なく夏に着る単衣を「ゆかた」と言うようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「着物」と「浴衣」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
浴衣(ゆかた)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス