結納

【意味】 結納とは、婚約成立の証として家同士が金品を取り交わす儀式。また、その金品。

【結納の語源・由来】

結納は、結婚の申し込みや婚約の際の儀式をさす「言ひ入れ(いひいれ)」が変化した語で、動詞「言ふ」が語形の変化で「ゆふ」となったのに伴ない、「言ひ入れ」も「ゆひいれ」に変化した。
「ゆひいれ」に合わせた形で、新たに「結納(結ひ納れ)」の漢字が当てられ、「結納」が湯桶読み(上を訓読み、下を音読みにする読み方)されて「ゆひのう」となった。
さらに、ハ行点呼音によって「ゆひ」が「ゆい」となり、「結納」は「ゆいのう」となった。

【関連語】

許婚・許嫁(いいなずけ) 家(いえ) ウエディング
収める・納める・治める・修める 夫(おっと) 金(かね)
月下氷人(げっかひょうじん) 香典(こうでん) 旦那(だんな)
契り(ちぎり) 妻(つま) 亭主(ていしゅ)
嫁ぐ(とつぐ) 女房(にょうぼう) 熨斗(のし)
餞・贐(はなむけ) ハネムーン 引き出物(ひきでもの)
フィアンセ 袱紗・帛紗・服紗(ふくさ) ブライダル
プロポーズ 風呂敷(ふろしき) マリアージュ
マリッジ 水引(みずひき) 婿(むこ)
約束(やくそく) 結う(ゆう) 指切りげんまん
嫁(よめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス