油断

【意味】 油断とは、気を許して注意を怠ること。

【油断の語源・由来】

油断は、有力とされる語源が二説あり、ひとつは『北本涅槃経 二二』の「王が臣下に油を持たせて、一滴でもこぼしたら命を断つと命じた」という話から、「油断」の語が生まれたとする説。
もう一説は、「ゆったり」「のんびり」という意味の古語「寛に(ゆたに)」が音変化したとする説である。
『北本涅槃経』の説が正しければ、「ゆだん」の漢字表記は全て「油断」となるはずであるが、古辞書には「油断」のほか、数々の漢字が用いられているため考え難い。
「ゆたに」が音変化し、「ゆだん」になったとする説は、用例が見当たらないため確定はできないが、四国の一部地域では「ごゆっくりしてください」という意味で「ゆだんなされ」と言うこところもあり、やや有力な説といえる。
その他、行灯などの油の準備を怠ったため夜中に油が切れ、敵に襲われ命を落とすことから「油断」になったとする説もあるが、他の漢字が用いられたことが考慮されておらず、そのような文献も見られないため、漢字に当てはめて作られた後世の俗説と考えられる。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 行灯(あんどん) 生き馬の目を抜く
命(いのち) 迂闊(うかつ) うっかり
上っ調子(うわっちょうし) 上の空(うわのそら) 怠る(おこたる)
おっちょこちょい 軽々しい(かるがるしい) 軽率(けいそつ)
軽薄(けいはく) しくじる 尻毛を抜く(しりげをぬく)
粗相(そそう) そそっかしい 高が知れる(たかがしれる)
高を括る(たかをくくる) ドジ とちる
等閑(なおざり) のんびり 暴虎馮河(ぼうこひょうが)
油断大敵(ゆだんたいてき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス