【意味】 指とは、手足の末端から枝分かれした部分。人間は手足の先にそれぞれ5本ずつある。

【指の語源・由来】

指の語源は諸説あるが、古くは「および」と言い、さし出して物に及ぶところから、「及び(および)」の意味とする説がよい。
現在では手足ともに「ゆび」と呼ぶが、元は手のものを「指(てゆび)」、足のものを「趾(あしゆび)」といって区別していた。
漢字の「指」は、「手」+「音符旨(シ)」からなる形声文字で、まっすぐに伸びて直線に物をさすゆびを表している。
なお、「旨」には「うまい」の意味があるが、「指」の漢字では音符に過ぎず「うまい」といった意味は含まれていない。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 腕(うで) うまい
枝(えだ) 親指(おやゆび) 及ぶ(およぶ)
踵(かかと) 体(からだ) 薬指(くすりゆび)
踝(くるぶし) 蹴爪(けづめ) 拳固(げんこ)
拳骨(げんこつ) 拳(こぶし) 小指(こゆび)
指弾(しだん) 指南(しなん) じゃんけん
十二指腸(じゅうにしちょう) 食指が動く(しょくしがうごく) 脛・臑(すね)
掌(たなごころ) 月を指せば指を認む 爪(つめ)
手(て) 手のひら(てのひら) 中指(なかゆび)
二の腕(にのうで) 膝(ひざ) 肘・肱・臂(ひじ)
蹄(ひづめ) 人差し指(ひとさしゆび) 脹脛(ふくらはぎ)
ペディキュア マニキュア 指切りげんまん
ユビザル・指猿(ゆびざる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

指(ゆび)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
指のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス