ユーカリ

【意味】 ユーカリとは、フトモモ科の常緑高木。オーストラリアを主に分布し、500種以上ある。葉は精油をとったり、健康茶に利用。材は建築などに使用される。コアラの食物としても知られる。

【ユーカリの語源・由来】

学名(属名)の「Eucalyptus」を英語発音した「ユーカリプタス」の略で、正式和名は「ユーカリの木」である。
「Eucalyptus」はラテン語であるが、ギリシャ語で「よく」「誠に」を意味する「eu-」、「覆った」を意味する「kalyptos」からなる語。
つまり、「よく覆われた」「よく包まれた」を意味するギリシャ語が語源である。
この意味から命名された由来は、ユーカリのつぼみは萼(がく)と花弁がくっついていて、蓋に覆われたような形状をしているところからか、乾燥地で良く育ち一面を緑で覆うところからといわれる。

【関連語】

アデク 油・脂・膏(あぶら) アロマテラピー
オイル 覆う(おおう) オールスパイス
お茶(おちゃ) 萼(がく) カムカム
カヤプテ・カユプテ 木・樹(き) ギョリュウバイ・御柳梅
ギンバイカ・銀梅花(ぎんばいか) グアバ クローブ
コアラ チョウジ・丁子・丁字(ちょうじ) 包む・慎む(つつむ)
蕾・莟(つぼみ) ティーツリー・ティートリー テンニンカ・天人花(てんにんか)
葉(は) 花・華(はな) ピメント
フェイジョア 蓋(ふた) フトモモ・蒲桃(ふともも)
ブラシノキ・ブラシの木 マヌカニー 緑(みどり)
レンブ・蓮霧(れんぶ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス