用心棒

【意味】 用心棒とは、護衛のために身辺につけておく従者。ボディーガード。

【用心棒の語源・由来】

用心棒は用心のために備えておく棒、盗賊などから身を守るために身近に用意しておく棒のことで、武器的な役割をする棒をいった。
転じて、博徒などが警戒のために雇う武芸者を言うようになり、ボディーガードの意味となった。
引き戸が開かないよう内側から押さえるつっかい棒も、「用心棒」や「心張り棒(しんばりぼう)」といったが、こちらは侵入者を防ぐためのもので、ボディーガードを意味する「用心棒」の棒とはやや異なる。

【関連語】

鍵・鉤(かぎ) 家臣(かしん) 掠り・擦り(かすり)
曲者(くせもの) くノ一(くのいち) 下僕(げぼく)
家来(けらい) 股肱(ここう) 心(こころ)
侍(さむらい) 僕・下部(しもべ) ショバ代(しょばだい)
スパイ スポンサー 走狗(そうく)
タニマチ・谷町(たにまち) 手下(てした) 賭博(とばく)
泥棒(どろぼう) 博打(ばくち) パトロン
秘書(ひしょ) 腹心(ふくしん) 武士(ぶし)
棒(ぼう) 守る・護る(まもる) 味方(みかた)
みかじめ料(みかじめりょう) ヤクザ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス