よしず

【意味】 よしずとは、葦で作った簀。日よけや人目を遮るのに用いる。よしすだれ。

【よしずの語源・由来】

よしずの「よし」は、イネ科「アシ」の別名「ヨシ」のこと。
よしずの「ず」は、割り竹や葦を糸で編んだものを表す語でく、「すのこ」「すだれ」の「す」と同源であるが、よしずは「よしすだれ」とも呼ばれるように、ヨシで作ったすだれの意味である。
ただし、「よしすだれ」が略され「よしす」、「よしず」へと変化したのではなく、「すだれ」が単に「す(簀)」と呼ばれていたことから、ヨシの簀で「よしず」となったものである。

【関連語】

アーケード アシ・葦・蘆・葭(あし) アンブレラ
糸(いと) 縁側(えんがわ) 御天道様(おてんとうさま)
カーテン 隠す(かくす) 陰・蔭・翳・影(かげ)
傘・笠(かさ) カッパ・合羽(かっぱ) 蚊帳(かや)
格子(こうし) こうもり傘(こうもりがさ) 遮る(さえぎる)
サンバイザー シェード シャッター
障子(しょうじ) 簀(す) 簾(すだれ)
簀の子(すのこ) 蒸籠・蒸篭(せいろ) 太陽(たいよう)
タケ・竹(たけ) 天蓋(てんがい) テント
戸(と) ドア 帳・帷(とばり)
扉(とびら) 濡れ縁(ぬれえん) 軒(のき)
暖簾(のれん) パラソル 日(ひ)
光(ひかり) 庇・廂(ひさし) 日向(ひなた)
屏風(びょうぶ) 襖(ふすま) ブラインド
ポーチ(玄関) 幌(ほろ) 幕(まく)
窓(まど) 蓑・簑(みの) 目・眼(め)
屋根(やね) ヨシ・葦・蘆・葭(よし) ランプシェード
廊下(ろうか)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
葦簀(よしず)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス