寄席

【意味】 寄席とは、落語・講談・浪曲・漫才・手品など、種々の大衆芸能を興行する娯楽場。

【寄席の語源・由来】

寄席は、「寄せる(よせる)」の連用形「寄せ(よせ)」に、「席」や「場」がついた「寄せ席」や「寄せ場」の下略である。
「寄せる」は人を集める意味で、「人寄席(ひとよせせき)」とも呼ばれていた。
近世初めに、「辻噺」や「講釈」などが寺社の境内などで行われた。
その後、茶屋や噺家の家など屋内での興行が行われ、江戸に常設の寄席ができたのは1747年で、子供踊りや物真似などが中心であった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス