夜なべ(よなべ) - 語源由来辞典

夜なべ

【意味】 夜なべとは、夜に仕事をすること。夜業。

【夜なべの語源・由来】

夜なべには諸説あるが、語構成から4番の説が有力とされる。
1.夜に鍋物を食べながら仕事をすることから、「夜鍋」とする説。
2.昼に夜を並べて仕事をする意味で、「夜並べ」とする説。
3.昼の仕事を夜に延ばす意味で、「夜延べ」とする説。
4.夜遅くまで仕事をすることから、夜を延ばす意味で「夜延べ」とする説。

【関連語】

アフィリエイト アルバイト お母さん(おかあさん)
サラリーマン 仕事(しごと) トラバーユ
鍋(なべ) ニート 伸びる・延びる(のびる)
半ドン(はんどん) 昼(ひる) フリーター
臍繰り(へそくり) ボーナス 夜っぴて(よっぴて)
夜(よる) リクルート リストラ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス