読む・詠む

【意味】 読むとは、文章・詩歌・経文など文字で書かれたものを一字ずつ声に出して言う。文字や文章を見て意味や内容を理解する。推測する。数を数える。
詠むとは、詠ずる。詩歌・俳句を作る。

【読む・詠むの語源・由来】

よむの同源は諸説あり、「よぶ(呼)」の意味や、「よびみる(呼見)」の意味とする説あたりが妥当と思われるが、断定が難しい。
「読む」にはいくつかの意味があるが、数を数える意味で用いられた例が古く、文章などを一字ずつ声に出して言うことも、数を数えるように一音ずつたどりながら唱えるという意味に通じる。
詩歌などを作る意味の「詠む」も、本居宣長の『古事記伝』に「又歌を作るを余牟(ヨム)と云も、心に思ふことを数へたてて云出るよしなり」とあるように、数えることに通じる。

【関連語】

アルファベット 言う・云う・謂う(いう) 歌・唄・詩(うた)
お経(おきょう) 書く・描く・画く(かく) 数(かず)
数える(かぞえる) カタカナ・片仮名(かたかな) 仮名(かな)
看経(かんきん) 漢字(かんじ) 聞く・聴く(きく)
声(こえ) 言葉(ことば) 悟る・覚る(さとる)
鯖を読む(さばをよむ) 栞・枝折り(しおり) 新聞(しんぶん)
机(つくえ) 作る・造る(つくる) 手紙(てがみ)
唱える・称える(となえる) 鼻毛を読む(はなげをよむ) 腹を読む(はらをよむ)
繙く・紐解く(ひもとく) 平仮名(ひらがな) 諷経(ふぎん)
Book・ブック 文・書(ふみ) 勉強(べんきょう)
本(ほん) 睫を読まれる(まつげをよまれる) 眉を読む(まゆをよむ)
見る(みる) 文字(もじ) 呼ぶ(よぶ)
リテラシー ルビ レター
分かる・解る・判る(わかる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス