よもやま話

【意味】 よもやま話とは、種々雑多な話題の話。いろいろな話。世間話。

【よもやま話の語源・由来】

よもやま話の「よもやま(四方山)」は「四方にある山」の意味でも用いられるが、「山」と付くのは「やも」が「やま」に変化した後に当てられたもので、「よもやも(四方八方・四面八面)」の音変化と考えられる。
よもやまは、「四方八方」から「あちこち」「さまざま」「いろいろ」「世間」といった意味になり、そのような話題の話を「よもやま話」というようになった。

【関連語】

彼方此方(あちこち) 言う・云う・謂う(いう) 井戸端会議(いどばたかいぎ)
色々(いろいろ) インタビュー 打ち合わせ(うちあわせ)
噂(うわさ) お喋り(おしゃべり) 語る(かたる)
クチコミ・口コミ(くちこみ) ゴシップ 様々(さまざま)
冗談(じょうだん) 世間(せけん) 折衝(せっしょう)
駄弁る(だべる) 長広舌(ちょうこうぜつ) デマ
トーク 話(はなし) ミーティング
物語(ものがたり) 山(やま)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス