黄泉

【意味】 黄泉とは、死者の魂が行くとされるところ。冥土。冥府。あの世。よみじ。よもつ国。よみの国。

【黄泉の語源・由来】

古代中国では、死者が行く地下の世界を「地下の泉」の意味で、「黄泉(こうせん)」といった。
「黄」は五行思想で「土」を象徴することから、「地下」を表している。
日本では大和言葉の「よみ」を漢語の「黄泉」に当てているため、語源は異なる。
古くは、「よみ」を「ヨモツクニ(よみのくにの意)」といった。
「ヨモ(よみ)」の語源には、「ヨミ(夜見)」や「ヤミ(闇)」の意味。
梵語「Yami」、中国語「預弥(ヨミ)」から「閻魔」の意味。
「ヨモ(四方)」の意味からや、「ヤマ(山)」など諸説ある。
あの世が地下にあるとするならば、「夜見」や「闇」の説が妥当であるが、『古事記』では雷神が登場し、地上にある世界のように表されていることから、「山」の説も考えられる。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 泉(いずみ) 浮世(うきよ)
閻魔(えんま) 往生(おうじょう) お彼岸(おひがん)
骸骨(がいこつ) 戒名(かいみょう) 黄色(きいろ)
極楽(ごくらく) 賽の河原(さいのかわら) 三途の川(さんずのかわ)
地獄(じごく) 死ぬ(しぬ) 社会(しゃかい)
娑婆(しゃば) シャリ・舎利(しゃり) 髑髏(しゃれこうべ)
世界(せかい) 世間(せけん) 卒塔婆(そとば)
巷(ちまた) 土(つち) 桃源郷(とうげんきょう)
ドクロ・髑髏(どくろ) 土左衛門(どざえもん) 奈落の底(ならくのそこ)
墓(はか) パゴダ パラダイス
棺・柩(ひつぎ) ピラミッド 葬る(ほうむる)
仏(ほとけ) ミイラ 冥土・冥途(めいど)
殯(もがり) 山(やま) 闇(やみ)
ユートピア

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

黄泉(よみ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス