横槍

【意味】 横槍とは、会話や交渉に割り込み、口を出して妨げること。横やり。

【横槍の語源・由来】

横槍は戦場で戦っている際、別の一隊が脇から槍で攻めてくることを意味した。
そこから、談話や仕事に第三者が横から口を出して妨げる意味として、「横槍」「横槍を入れる」と使われるようになった。

【関連語】

合いの手(あいのて) 揚げ足を取る(あげあしをとる) 論う(あげつらう)
一言居士(いちげんこじ) いちゃもん 嫌味・厭味(いやみ)
お喋り(おしゃべり) 干渉(かんしょう) 口(くち)
けちをつける 下馬評(げばひょう) こじつけ
遮る(さえぎる) 妨げる(さまたげる) 仕事(しごと)
四の五の言う(しのごのいう) しゃしゃり出る(しゃしゃりでる) 邪魔(じゃま)
茶化す(ちゃかす) 茶々を入れる(ちゃちゃをいれる) ちょっかい
出しゃばる(でしゃばる) 話(はなし) 半畳を入れる(はんじょうをいれる)
ブーイング 野次馬(やじうま) 野次る(やじる)
槍・鑓・鎗(やり) 槍玉に挙げる(やりだまにあげる) 横(よこ)
脇・腋(わき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス