横紙破り

【意味】 横紙破りとは、道理に合わない物事を無理に押し通すこと。また、そのような人。

【横紙破りの語源・由来】

横紙破りの「紙」は「和紙」のこと。
和紙は縦に漉き目が通っていて、横には破りにくい。
それを無理に破るようなものとたとえ、自分の思ったとおりを無理に押し通そうとすることを「横紙破り」と言うようになった。
車の心棒を「よこがみ(軸)」ということから、「横車を押す」と同様の意味から生じた言葉で、「横紙」は当て字とする説もあるが考えがたい。

【関連語】

意固地・依怙地(いこじ) 一点張り(いってんばり) 一本槍(いっぽんやり)
お仕着せ(おしきせ) 頑な(かたくな) 勝手(かって)
紙(かみ) 我武者羅(がむしゃら) 車(くるま)
強情・剛情(ごうじょう) 諺(ことわざ) ゴリ押し(ごりおし)
強いて(しいて) 軸(じく) 杓子定規(しゃくしじょうぎ)
遮二無二(しゃにむに) 辻褄(つじつま) 唐変木(とうへんぼく)
道理(どうり) 屁理屈(へりくつ) 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
朴念仁(ぼくねんじん) 無理矢理(むりやり) 破る(やぶる)
横(よこ) 横車を押す(よこぐるまをおす) 理屈・理窟(りくつ)
理不尽(りふじん) 我儘(わがまま)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス