横綱

【意味】 横綱とは、相撲で力士の最高位。横綱力士の略称。

【横綱の語源・由来】

横綱は白麻で編んだ太いしめ繩のことで、その横綱を吉田司家(よしだつかさけ)から締めることを許された大関力士をいった。
つまり、横綱は綱そのもの、または大関の中で品格・力量・技の最も優れた者をさしたもので、本来は力士の階級ではなかった。
番付に初めて「横綱」と明記されたのは明治23年(1890年)の西ノ海。
横綱が最高位として明文化されたのは明治42年(1909年)で、現在は相撲協会が免許する地位となっている。
横綱の起源は古く、正確な由来は未詳だが、一説には摂津吉住大社の相撲会(すもうえ)に出た『ハジカミ』という近江国(滋賀県)の力士があまりにも強かったため、ハジカミの腰にしめ縄を巻き、それに触れば相手の勝ちとしたのが始まりといわれる。
結局、ハジカミのしめ縄には誰一人として触れなかったこという。

【関連語】

大銀杏(おおいちょう) 大関(おおぜき) 角界(かくかい・かっかい)
行司(ぎょうじ) 位(くらい) 小結(こむすび)
三段目(さんだんめ) 四股・四股名(しこ・しこな) 注連縄(しめなわ)
十両(じゅうりょう) 序二段(じょにだん) 序の口(じょのくち)
相撲(すもう) 関取(せきとり) 関脇(せきわけ)
丁髷(ちょんまげ) 綱(つな) 露払い(つゆはらい)
はっけよい 褌(ふんどし) 前頭(まえがしら)
幕内(まくうち) 幕下(まくした) 横(よこ)
力士(りきし)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

横綱(よこづな)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス