よだれ

【意味】 よだれとは、無意識に口の外に流れ出る唾液(だえき)。

【よだれの語源・由来】

よだれは、古くは「よだり」「よたり」と言い、平安時代以降「よだれ」に転じた。
よだり(よたり)の「たり」は、「垂れる」「垂らす」意味の動詞「垂る」の名詞形。
よだれの「よ」は、「緩む」「弱い」の意味など流れ出る箇所の状態を表しているとする説や、「よよ」と泣く時に垂れるものの意味など、諸説あるが未詳である。
『名義抄』では「鼻水」を表す「洟」や、「涙」を表す「涕」を「よたり」と読ませていることから、唾液だけではなく、鼻水や涙など垂れ流れ出るものを「よだれ」と呼んでいたようである。

【関連語】

欠伸(あくび) 鼾(いびき) 嗽(うがい)
うんこ 液(えき) おくび
おしっこ おなら 固唾を呑む(かたずをのむ)
嚔(くしゃみ) 糞・屎(くそ) 口(くち)
唇(くちびる) げっぷ ゲロ
舌(した) 失禁(しっきん) しゃっくり
汁(しる) 咳(せき) 垂れる(たれる)
痰(たん) 唾(つば) 唾(つばき)
出る(でる) 流れる(ながれる) 泣く・鳴く・啼く(なく)
涙(なみだ) 鼻(はな) 糞・屎(ばば)
糞(ふん) 屁(へ) 反吐(へど)
べろ マウス(口) 水(みず)
緩む・弛む(ゆるむ) 弱い(よわい) リップ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス