夜這い

【意味】 夜這いとは、夜、男が女の寝どころに忍んで行くこと。夜ばい。

【夜這いの語源・由来】

動詞「呼ばふ」の連用形「呼ばひ」が名詞化した語で、「夜這い」と書くのは当て字。
「よばい」は上代から見られる語で、本来、男性が女性の許に通い求婚の呼びかけをすることを意味した。
嫁入り婚が支配的にって不道徳なものと考えられるようになり、かなり早くから「夜」のイメージも定着していたため、「夜這い」が当てられた。
「夜這い」の字が当てられて以降、求婚の呼びかけの意味は忘れられ、男が女の寝床に忍び込む意味として用いられるようになった。

【関連語】

アバンチュール 許婚・許嫁(いいなずけ) 悪戯(いたずら)
嫌らしい(いやらしい) エッチ エロス
男(おとこ) 女(おんな) 好色(こうしょく)
交尾(こうび) 忍ぶ(しのぶ) 処女(しょじょ)
スケベ・助平(すけべ) セクハラ セックス
チェリーボーイ デバガメ・出歯亀(でばがめ) 這う(はう)
ハレンチ・破廉恥(はれんち) 卑猥(ひわい) 布団(ふとん)
ポルノ 淫ら・猥ら(みだら) 呼ぶ(よぶ)
嫁(よめ) 夜(よる) 猥褻(わいせつ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス