ヤツメウナギ

【意味】 ヤツメウナギとは、ヤツメウナギ目の魚類の総称。円口類の一種。ビタミンAを多く含み、夜盲症の薬として古くから用いられた。八つ目鰻。

【ヤツメウナギの語源・由来】

ウナギと種は異なるが、体が細長く似ているので「ウナギ」の名が付けられた。
「ヤツメ」は、目の後方から七つの鰓孔(さいこう・えらあな)が並んでいて、本来の目と合わせると目が八つあるように見えることに由来する。
鼻の穴を含めた数から、ドイツ語では「Neunauge(九つの目)」と言う。

【関連語】

穴・孔(あな) アナゴ・穴子(あなご) ウツボ
ウナギ・鰻(うなぎ) ウミヘビ・海蛇(うみへび) 鰓(えら)
数(かず) 蒲焼(かばやき) 体(からだ)
肝・胆(きも) 薬(くすり) 魚(さかな)
ドジョウ・泥鰌(どじょう) 長い・永い(ながい) ナマズ・鯰(なまず)
鼻(はな) ハモ・鱧(はも) ビタミン
ヘビ・蛇(へび) 細い(ほそい) 鰻(まむし)
目・眼(め) 夜(よる) レプトケファルス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス