やり玉にあげる

【意味】 やり玉にあげるとは、大勢の中から選び出し、攻撃や非難の対象にする。

【やり玉にあげるの語源・由来】

やり玉にあげるの「槍玉」は、槍を手玉のように自在に扱うことを意味した。
そこから、やり玉にあげるは、人を槍の穂先で突き上げ思いのままに扱う意味として使われ、選び出して攻める意味となった。
非難の対象となった場合は「やり玉にあがる」などと使われることもあるが、自ら率先して非難の対象となる訳ではないので、「やり玉にあげられる」が正しい。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

槍玉(やりだま)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
槍玉に挙げるの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス