やにわに

【意味】 やにわにとは、たちどころに。いきなり。突然。

【やにわにの語源・由来】

やにわには、名詞「矢庭(やには)」と助詞の「に」からなる「やにはに」が、ハ行音変化で「やにわに」となった。
「矢庭」は、矢を射ている場所のことで、助詞の「に」が付くことで、「その場に」「矢場を去らずに」といった意味で用いられ、その場ですぐに事を行うさまを表すようになった。
今昔物語には、「或は矢庭に射臥せ、或は家に籠めながら焼殺し」とある。
「場」は「庭(には)」から転じた語であるため、「やにわに」は「矢場に」とも表記される。

【関連語】

呆気ない(あっけない) 生き馬の目を抜く いきなり
俄然(がぜん) 間髪を容れず(かんはつをいれず) 忽然(こつぜん)
直(じき) 直ぐ(すぐ) 素っ頓狂(すっとんきょう)
青天の霹靂 刹那(せつな) 即座(そくざ)
直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち) 単刀直入(たんとうちょくにゅう)
短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま) 唐突(とうとつ)
咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ) 突然(とつぜん)
突飛(とっぴ) 突拍子もない(とっぴょうしもない) 庭(にわ)
俄(にわか) 寝耳に水(ねみみにみず) 降って湧く(ふってわく)
ふと 矢(や) 藪から棒(やぶからぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス