ヤナギ

【意味】 ヤナギとは、ヤナギ科ヤナギ属の総称。多くは、シダレヤナギをいう。

【ヤナギの語源・由来】

語源は以下のとおり諸説あり未詳。
1.古く、矢を作る材料としており、矢を作るのに用いる細い竹を「矢の木」といったことから、「ヤノキ」が転じたとする説。
2.「楊」の字音「ヤン(yang)」に「i」が加わり「ヤナギ」、もしくは「楊の木(ヤンノキ)」が変化して「ヤナギ」になったとする説。
3.成長が早いことから、「イヤナガ(彌長)」の略転とする説。
4.「楊」は、あの世とこの世を区別する境界の象徴とされる木なので、「ユノキ(斎木)」の転とする説。
5.柔らかく撓むところから、「ヤハナエキ(柔萎木)」の意味とする説。
6.枝葉は細長く糸のようであるところから、「イトナガキ(糸長木)」の約「ヨナキ」が転じたとする説。
7.魚を捕らえる仕掛けに用いられたため、「ヤナキ(梁木・簗木)」の意味とする説。
一般には「1」の「矢の木」の説が通っているが、「ヤナギ」と言えば普通は「シダレヤナギ」を指し、原産は中国であることから、「楊」の字音説も十分に考えられる。
漢字の「柳」の右側は「卯」ではなく、「留」の原字である。
「楊」は、「易」に「上がる」「伸びる」という意味があり、長く上に伸びる木を表す。
日本では、シダレヤナギに「柳」を使い、ネコヤナギのように上に向かって立っているヤナギには「楊」を用いて区別することもある。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アオヤギソウ・青柳草 アカメヤナギ・赤芽柳
上がる・揚がる・挙がる アスペン 糸(いと)
イトヤナギ・糸柳 イヌコリヤナギ・犬行李柳 イヌマルバヤナギ・犬丸葉柳
ウンリュウヤナギ・雲竜柳 エゾタカネヤナギ・蝦夷高嶺柳 エゾマメヤナギ・蝦夷豆柳
枝(えだ) エノコロヤナギ・狗尾柳 オオタチヤナギ
オノエヤナギ・尾上柳 花紅柳緑(かこうりゅうりょく) 花柳界(かりゅうかい)
カワヤナギ・川柳 木・樹(き) キツネヤナギ・狐柳
キヌヤナギ・絹柳 ギョリュウバイ・御柳梅 ケショウヤナギ・化粧柳
コゴメヤナギ・小米柳 コマイワヤナギ・駒岩柳 コリヤナギ・行李柳
サイコクキツネヤナギ 魚(さかな) シシャモ・柳葉魚(ししゃも)
シダレヤナギ・枝垂れ柳 撓う(しなう) シバヤナギ・柴柳
ジャヤナギ・蛇柳 シロヤナギ・白柳 尋花問柳(じんかもんりゅう)
折花攀柳(せっかはんりゅう) 川柳(せんりゅう) タカネイワヤナギ・高嶺岩柳
タケ・竹(たけ) 撓む(たわむ) 爪楊枝(つまようじ)
桃紅柳緑(とうこうりゅうりょく) トキワギョリュウ・常磐御柳 ドロノキ・泥の木・白楊
長い・永い(ながい) ネコヤナギ・猫柳 伸びる・延びる(のびる)
葉(は) 敗柳残花(はいりゅうざんか) ハコヤナギ・箱柳
バッコヤナギ・跋扈柳 花・華(はな) 花屋の柳(はなやのやなぎ)
早い・速い(はやい) ヒダカミネヤナギ・日高峰柳 ビヨウヤナギ・未央柳・美容柳
フリソデヤナギ・振袖柳 細い(ほそい) ポプラ
蒲柳の質(ほりゅうのしつ) マルバヤナギ・丸葉柳 ミチヤナギ・道柳(みちやなぎ)
ミヤマヤチヤナギ・深山谷地柳 ミヤマヤナギ・深山柳 矢(や)
ヤチヤナギ・谷地柳(やちやなぎ) 梁・簗(やな) 柳川鍋(やながわなべ)
ヤナギイチゴ・柳苺 柳腰(やなぎごし) ヤナギタデ・柳蓼(やなぎたで)
柳に風(やなぎにかぜ) 柳に雪折れ無し 柳の下の泥鰌
柳の葉を百度中つ ヤナギハエ・柳鮠(やなぎはえ) 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
柳は緑花は紅 ヤナギムシガレイ・柳虫鰈 ヤナギモ・柳藻(やなぎも)
柳を折る(やなぎをおる) ヤマナラシ・山鳴 ヤマネコヤナギ・山猫柳
ヤマヤナギ・山柳 柔らかい・軟らかい ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ)
柳暗花明(りゅうあんかめい) 柳巷花街(りゅうこうかがい) 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)
レンゲイワヤナギ・蓮華岩柳

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

柳(やなぎ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
ヤナギ・柳のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス