矢も盾もたまらない

【意味】 矢も盾もたまらないとは、一途に思いつめて、気持ちが抑えきれない。気がせいて、じっとしていられない。

【矢も盾もたまらないの語源・由来】

矢で攻めても盾で防いでも、相手の勢いを止めることができない。
そこから、抑えられない自分の気持ちを外部からの攻撃にたとえ、「矢も盾もたまらない」と使われるようになった。
「たまらない」は「堪らない」と書き、「耐えられない」の意味。

【関連語】

焦る(あせる) 慌ただしい(あわただしい) 慌てふためく(あわてふためく)
慌てる(あわてる) 急ぐ(いそぐ) 居ても立っても居られない
イライラ 憂い(うい) 浮き足立つ(うきあしだつ)
押さえる・抑える(おさえる) 押っ取り刀(おっとりがたな) 我慢(がまん)
業を煮やす(ごうをにやす) 心(こころ) 堪える(こらえる)
焦れったい(じれったい) 心配(しんぱい) 急く(せく)
せっかち 耐える(たえる) 盾(たて)
堪らない(たまらない) 胸騒ぎ(むなさわぎ) 矢(や)
狼狽(ろうばい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス