山の神

【意味】 山の神とは、口うるさい妻をいう俗語。

【山の神の語源・由来】

山の神は文字通り、山を守り、支配する神「山神」のことであった。
山神は、女性神として信仰されることが多く、恐ろしいものの代表的存在であったことから、中世以降、口やかましい妻の呼称として「山の神」と言われるようになった。
『古事記』に「大山津見神(おほやまつのかみ)」の娘「石長比売(いはながひめ)」が、山の神の一員であったという説話があり、その説話に基づくとする説もある。
しかし、山神信仰は上代からあり、個の具体的な話に断定できるものではないため、山神信仰全体から見て、「恐れられた神」「女神」であったことを中心に考えるのが妥当である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス