ヤマメ

【意味】 ヤマメとは、サケ科サクラマスのうち陸封型の魚。渓流にすみ、海には下らない。体は淡褐色もしくは灰褐色で、体側に楕円形の暗色紋があり、背側に小黒点が散在する。やまべ。山魚女。

【ヤマメの語源・由来】

ヤマメは、女性のようにしなやかな姿で山の川に棲息することから、「山の女」の意味で「ヤマメ(山女)」になったとする説がある。
しかし、「メ」の付く魚には「アイナメ」「アカメ」「イワメ」「ヒラメ」などあり、「メ」は魚を示す接尾語と考えられていることから、「山の魚」で「ヤマメ(山魚)」が妥当である。
漢字では「山女」や「山魚女」と表記するが、魚の漢字は当て字か中国語からの拝借なので、漢字表記に和語の語源をもとめることはできない。
「ヤマメ」の別名に「ヤマベ」があるが、これは北海道・東北地方の呼称で、関東で「ヤマベ」はコイ科「オイカワ」の別名で、コイ科の「ヤマベ」は「ヤマメ」と別語源である。
「ヤマメ」を「ヤマベ」と呼ぶようになったのは、姿も発音も似ており区別がつきにくいことからと考えられるが、東北地方は語尾が「べ」になる訛りが多いため、単に「ヤマメ」の転訛とも考えれれる。

【関連語】

アイナメ・鮎魚女・鮎並 アカメ・赤女(あかめ) アマゴ・甘子(あまご)
アメマス・雨鱒(あめます) アユ・鮎(あゆ) イクラ
イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり) イワナ・岩魚(いわな)
イワメ・岩女(いわめ) 海(うみ) オイカワ・追河(おいかわ)
女(おんな) カペリン・キャペリン カラフトシシャモ・樺太柳葉魚
カラフトマス・樺太鱒 川・河(かわ) カワマス・河鱒(かわます)
キュウリウオ・胡瓜魚 キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン
ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ) クニマス・国鱒(くにます) コイ・鯉(こい)
ゴギ サーモン 魚(さかな)
サクラマス・桜鱒(さくらます) サケ・鮭(さけ) サツキマス・五月鱒・皐月鱒
シシャモ・柳葉魚(ししゃも) シラウオ・白魚(しらうお) 筋子(すじこ)
ダンブリ チカ トラウト
ニギス・似義須・似鱚(にぎす) ニジマス・虹鱒(にじます) ハルツゲウオ・春告魚
ヒメマス・姫鱒(ひめます) ヒラメ・平目・鮃(ひらめ) ビワマス・琵琶鱒(びわます)
ベニザケ・紅鮭(べにざけ) マス・鱒(ます) マスノスケ・鱒の介
山(やま) ヤマベ ワカサギ・公魚(わかさぎ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス