山勘

【意味】 山勘とは、勘に頼って成功を狙うこと。当てずっぽう。相手を計略にかけてごまかすこと。また、その人。ヤマ勘。やま勘。

【山勘の語源・由来】

山勘は、「山を張る(掛ける)」「山を当てる」などといった言葉と同時期の近世以降に見られる語で、第六感を「勘」と言うようになったのも同時期である。
山勘の語源には、武田信玄の参謀とされる山本勘助の略という説と、山師の勘の略とする説がある。
山本勘助の説は彼が計略に長けていたことから、ごまかすことを「山勘」と言うようになったとするもので、山師の勘の説は鉱山の採掘をする山師の仕事は当たり外れも多く、勘が頼りであることからというものである。
山本勘助の説は、使われ始めた時代と人物の時代がずれ過ぎていること、山勘がごまかす意味で用いられるのは当てずっぽうよりも遅いこと、策略が優れていることから当てずっぽうの意味になるには隔たりがあり過ぎることなどから考え難い。
すると、山師の勘が有力に思えるが、山師の略ということではなく、「山を張る」や「山を当てる」などと同じで、山が投機対象であったことから万一の成功・幸運を「山」と言い、それを狙った勘で「山勘」となったと考えるのが妥当である。
ただし、山師はペテン師の代名詞にもなっている言葉なので、他人をあざむく意味で「山勘」が用いられるようになったのは、山師に由来していると考えて良いだろう。

【関連語】

欺く(あざむく) 当たる(あたる) 当てずっぽう(あてずっぽう)
あわよくば 暗中模索(あんちゅうもさく) イカサマ
一か八か(いちかばちか) 偽る(いつわる) インスピレーション
インチキ 籠脱け(かごぬけ) 勘(かん)
キセル乗車(きせるじょうしゃ) ギャンブル クイズ
口車(くちぐるま) 誤魔化す(ごまかす) 護摩の灰(ごまのはい)
詐欺(さぎ) 第六感(だいろっかん) 棚から牡丹餅
誑かす(たぶらかす) 騙くらかす(だまくらかす) 偶さか・適さか(たまさか)
騙す(だます) 偶々・適々(たまたま) 朝三暮四(ちょうさんぼし)
美人局(つつもたせ) テスト 出たとこ勝負
賭博(とばく) 捕らぬ狸の皮算用 トリック
ドンピシャ 伸るか反るか(のるかそるか) 博打(ばくち)
外れる(はずれる) 閃き(ひらめき) ペテン師(ぺてんし)
まぐれ 虫の知らせ(むしのしらせ) めぼしい
勿怪の幸い(もっけのさいわい) 山(やま) 羊頭狗肉(ようとうくにく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス