病膏肓に入る

【意味】 病膏肓に入るとは、病気がひどくなり、治療のほどこしようもない状態となる。物事に熱中し過ぎて抜け出せなくなるたとえ。

【病膏肓に入るの語源・由来】

「膏」は心臓の下部、「肓」は横隔膜の上部のことで、体の奥深いところにあり、病気が入り込むと治療が困難になる。
そこから、治療しようもないほど病気がひどくなる状態を表すようになり、転じて、何かに熱中して抜け出せられないほどになるたとえに用いられるようになった。
出典は、中国の『春秋左氏伝』で、晋の景公が病気になり、秦から名医を呼んだ際、夢の中で病気の精が二人の子供となって「名医が来るから膏の下と肓の上に隠れよう」と言ったという故事に基づく。
「膏肓」を「膏盲」と書き誤ったり、「こうもう」と誤読しやすい。
また、この句の場合は「入る」を「はいる」とは読まない。

【関連語】

明け暮れる(あけくれる) 一心不乱(いっしんふらん) 憂き身を窶す(うきみをやつす)
有頂天(うちょうてん) 現を抜かす(うつつをぬかす) 上の空(うわのそら)
エンスー オタク 溺れる(おぼれる)
感ける(かまける) 体(からだ) 首っ丈(くびったけ)
拘り(こだわり) 凝る(こる) 三昧(さんまい)
ぞっこん 血道を上げる(ちみちをあげる) 虜・擒(とりこ)
直る・治る(なおる) 熱心(ねっしん) 熱中(ねっちゅう)
逆上せる(のぼせる) 入る(はいる) フィーバー
更ける・深ける(ふける) マニア 夢中(むちゅう)
病(やまい) 夢(ゆめ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

病膏肓に入るの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス