焼きもち

【意味】 焼きもちとは、嫉妬。ねたみ。「焼餅を焼く」「焼き餅焼き」などと使われる。ヤキモチ。

【焼きもちの語源・由来】

やきもちは、嫉妬することを「妬く(やく)」と言うことから、洒落で「餅」が添えられた語。
「妬く」と「気持ち」から「妬く気持ち」となり、「焼きもち」になったともいわれる。
嫉妬した時の膨れっ面と、焼いた餅の膨れる姿が似ていることから、「焼き餅」になったとする説もあるが、後から付け加えられた説と考えられている。

【関連語】

いけ好かない(いけすかない) 厭わしい(いとわしい) 忌々しい(いまいましい)
恨む・怨む(うらむ) 羨ましい(うらやましい) 男(おとこ)
女(おんな) 首っ丈(くびったけ) 恋(こい)
ジェラシー 洒落(しゃれ) 羨望(せんぼう)
ぞっこん 嫉む・妬む・猜む(そねむ) ちんちん
ちんちんかもかも 憎い(にくい) 妬む・嫉む(ねたむ)
僻む(ひがむ) 膨れる・脹れる(ふくれる) 頬(ほお・ほほ)
惚れる(ほれる) メロメロ 萌え(もえ)
餅(もち) 焼く(やく) 焼け木杭に火が付く
やっかむ ライバル

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

焼き餅(やきもち)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス