焼けぼっくいに火がつく

【意味】 焼けぼっくいに火がつくとは、過去に関係のあった者同士が、再び元の関係に戻ること。多くは男女関係についていう。

【焼けぼっくいに火がつくの語源・由来】

焼け木杭とは、燃えさしの切り株や焼けた杭のことで、「木杭(ぼっくい)」は「棒杭(ぼうくい)」が音変化した語。
一度焼けて炭化した杭は再び火がつきやすいことから、すぐに燃え上がる関係、とくに男女の恋愛関係について言うようになった。
「焼き栗」や「松ぼっくり」などと混同し、「焼けぼっくりに火がつく」とするのは間違い。

【関連語】

愛(あい) アベック 縁(えん)
男(おとこ) 女(おんな) 駆け落ち(かけおち)
カップル 株(かぶ) 木・樹(き)
杭(くい) 腐れ縁(くされえん) 首っ丈(くびったけ)
クリ・栗(くり) 恋(こい) 三角関係(さんかくかんけい)
ぞっこん 付く・附く・着く(つく) 虜・擒(とりこ)
火(ひ) フェロモン 覆水盆に返らず
再び(ふたたび) 不倫(ふりん) 棒(ぼう)
惚れる(ほれる) 松ぼっくり(まつぼっくり) メロメロ
萌え(もえ) 燃える(もえる) 元・本・基(もと)
元の鞘に収まる 元の木阿弥(もとのもくあみ) 戻る(もどる)
焼き餅(やきもち) 焼く(やく) 縒りを戻す(よりをもどす)
若いツバメ(わかいつばめ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

焼け木杭に火がつくの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス