やかん

【意味】 やかんとは、銅・アルミなどで作った湯を沸かす道具。

【やかんの語源・由来】

やかんは薬を煮出すのに用いられたもので、「薬鑵(やくくわん)」と呼ばれていた。
「鑵(くわん)」は、水を汲む器が原義である。
「ヤククワン」から「ヤククヮン」に転じ、「ヤクヮン」「ヤカン」と変化した。
漢字の「薬缶」は、発音が「やかん」となった以降の当て字である。
やかんが「湯沸し」の意味となった時期は定かではないが、1603年『日葡辞書』に「今では湯を沸かす、ある種の深鍋の意で用いられている」とあり、中世末には既に湯を沸かす道具として用いられていたようである。

【関連語】

アルミニウム お茶(おちゃ) ガス・瓦斯(がす)
竈(かまど) 燗(かん) 急須(きゅうす)
薬(くすり) ケトル コンロ・焜炉(こんろ)
サイフォン 鹿威し(ししおどし) ジャー
如雨露(じょうろ) 添水(そうず) 茶碗(ちゃわん)
銚子(ちょうし) 道具(どうぐ) 徳利(とっくり)
鍋(なべ) 鉢(はち) 柄杓(ひしゃく)
瓶(びん) ペットボトル ポット
ボトル 水(みず) 湯(ゆ)
湯たんぽ・湯湯婆(ゆたんぽ) 沸く・湧く・涌く(わく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

やかんの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス