やぐら

【意味】 やぐらとは、木材や鉄骨を組み合わせて造った構築物。

【やぐらの語源・由来】

古くは「矢倉」「矢蔵」「矢庫」と書き、矢を納める倉の意味が原義で、『日本書記古訓』では「兵庫」を「やぐら」と読んだ例も見られる。
転じて、城壁などの上に設けて外敵を偵察したり、矢や射たりするために設けた構造物も「やぐら」と呼ばれるようになり、室町時代以降、軍船の上部構造物の「やぐら」が造られ、高く組み上げて造った構造物を指すようになった。
以降、遠方まで見渡せるように高く組まれたものを「火の見櫓」と言ったり、祭礼や盆踊りで太鼓などを演奏するために高く造られたものも「やぐら」と呼ばれ、テーブル状に造られたコタツは「櫓炬燵」と呼ぶなど、幅広い意味で用いられるようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス