やぶ医者

【意味】 やぶ医者とは、診断や治療の能力が劣った医者。下手な医者。ヤブ医者。

【やぶ医者の語源・由来】

やぶ医者の語源は諸説あるが、「野巫医者(やぶいしゃ)」を語源とし、「藪」は当て字とする説が有力とされる。
野巫は「田舎の巫医(ふい)」とも言われ、呪術で治療する田舎の医師のこと。
あやしい呪術で治療することから「いい加減な医者」、たった一つの呪術しかできなかったことから「下手な医者」といった意味で、野巫医者という言葉が生まれたとされる。
ただし、「野巫」という語そのものが用いられた例が少ないため、語源として断定されているものではない。
その他、「野暮な医者」が訛って「やぶ医者」になったとする説がある。
藪井竹庵という下手な医者の名前から「やぶ医者」になったとする説もあるが、藪井竹庵は落語などで「やぶ医者」の喩えとして使われる名であり、実在した人物ではない。
「藪」の字が当てられた由来は、田舎を強調するためや、「藪蛇」の「藪」から逆効果な意味を関連づけたものと考えられる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス