【意味】 私とは、自分自身。一人称の人代名詞。

【私の語源・由来】

私の語源は、「われ」「わが」などの「わ」に関係すると思われるが、それ以上のことは解っていない。
「わたくし」は中世前期頃まで「公(おおやけ)」に対する「個人」の意味で用いられ、一人称の代名詞として用いられ始めたのは、中世後期以降である。
「わたし」は近世以降に見られる語で、現代では男女共に用いるが、近世には女性が多く用い、特に武士階級の男性が用いることはなかった。
「あたし」や「あたい」は明治以降に多く見られる語で、「あたい」は主に東京下町の花柳界の女性や子供が用いた。
「わたくし(watakushi)」の「ku」が省略され、くだけた言い方になったのが「わたし(watashi)」。
「わたし(watashi)」の「w」が省略され、更にくだけた言い方になったのが「あたし(atashi)」。
更に「あたし(atashi)」の「sh(s)」が省略され、くだけた言い方になったのが「あたい(atai)」で、「私」の語は音の省略によってくだけた言い方になる典型的な例である。

【関連語】

貴方・貴女(あなた) うち おいら
公(おおやけ) 御宅(おたく) 男(おとこ)
己(おのれ) お前(おまえ) おら
俺(おれ) 女(おんな) 彼女(かのじょ)
花柳界(かりゅうかい) 彼(かれ) 貴様(きさま)
君(きみ) 子(こ) 自分(じぶん)
拙者(せっしゃ) 某(それがし) 其方(そなた)
手前(てまえ) 名前(なまえ) 汝(なんじ)
武士(ぶし) 僕(ぼく) 麻呂・麿(まろ)
わい・わし・わて 我・吾(われ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス