わさび

【意味】 わさびとは、アブラナ科の多年草。日本特産。渓流のほとりに生える。根茎は特有の香気と辛味があり、香辛料として用いられる。

【わさびの語源・由来】

わさびの語源は、「悪障疼(わるさわりひびく)」の略、「悪舌響(わるしたひびき)」の意味、「鼻迫(はなせめ)」の意味が転じたとするなど、わさびの特長である「鼻につんとくる辛さ」を語源としているが、いずれもこじつけの感が強い。
その他、わさびの「わさ」は鼻に走る辛さを表現したもので、「走る」を意味する古語「わしる」と関連づけ、わさびの「び」を「実(み)」の転といった説があり、他の説よりは自然であるが、正確な語源は未詳である。
辛さに関連づけない説では、「早葵(わさあふひ)」の転とする説があり、わさびの葉が葵に似ているからといわれるが、「わさ」の説明が成り立っていない。
また、「山葵」の漢字が見られるのは、平安時代の本草書『本草和名』からで、奈良時代の地誌『播磨国風土記』では「山薑」と書いて「わさび」と読ませており、「葵」を語源とすると時代が前後してしまう。
そのため、わさびの漢字に「山葵」を当てた由来としては、葵の葉に似ていることが考えられるが、「わさび」という音に「葵」を関連づけることは難しい。

【関連語】

アオイ・葵(あおい) アブラナ・油菜(あぶらな) アラセイトウ・紫羅欄花
イヌガラシ・犬芥子(いぬがらし) お造り(おつくり) カブ・蕪(かぶ)
辛い(からい) カラシ・芥子・辛子(からし) カリフラワー
キャベツ 茎(くき) クレソン
ケール コショウ・胡椒(こしょう) ゴマ・胡麻(ごま)
コマツナ・小松菜(こまつな) 刺身(さしみ) 刺身のつま(さしみのつま)
サンショウ・山椒(さんしょう) シソ・紫蘇(しそ) ショウガ・生姜(しょうが)
寿司・鮨・鮓(すし) スズシロ・蘿蔔・清白 スズナ・菘(すずな)
スパイス ソバ・蕎麦(そば) ダイコン・大根(だいこん)
チンゲン菜・青梗菜 唐辛子(とうがらし) ナズナ・薺(なずな)
ニンニク・大蒜・葫(にんにく) 根(ね) ネギ・葱(ねぎ)
ノザワナ・野沢菜(のざわな) ハクサイ・白菜(はくさい) 走る(はしる)
鼻(はな) ハボタン・葉牡丹(はぼたん) ブロッコリー
ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ) 実(み) ミズナ・水菜(みずな)
山(やま) ラディッシュ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス