割を食う

【意味】 割を食うとは、不利になる。損をする。

【割を食うの語源・由来】

割を食うの「割」は、割り振ることや割り当てることの意味から転じ、役割や分配金、さらにその損得の具合を意味するようになった語。
得をする場合には「割がいい」や「割に合う」と用い、損をする場合は「割が悪い」「割に合わない」などと用いる。
割を食うの「食う」は他からある行為を受ける意味で、特に、「肩透かしを食う」「お目玉を食らう」など、好ましくない行為を受ける際に用いられる。

【関連語】

煽りを食う(あおりをくう) 赤字(あかじ) 上がったり(あがったり)
足が出る(あしがでる) 穴を開ける(あなをあける) 失う(うしなう)
食う・喰う(くう) 損なう・害う(そこなう) 側杖を食う(そばづえをくう)
ダメージ 婆を引く(ばばをひく) ハンデ・ハンディキャップ
ピンチ 骨折り損の草臥れ儲け マイナス
間尺に合わない 利益(りえき) リスク
割に合わない(わりにあわない) 割る(わる) 悪い(わるい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス