割り下

【意味】 割り下とは、だし汁に醤油・みりん・砂糖・酒などの調味料を加え煮立てた汁。すき焼のタレを言うことが多い。割下。

【割り下の語源・由来】

「割り下地」の略。
「下地」は基礎となるものを意味し、料理用語としては味付けの元となるもので、特に醤油を指す語である。
「割り」はそのまま「割る」という意味で、味醂など他の調味料やだし汁で割った下地(醤油)なので「割り下地」という。
すき焼きに用いるものを指すことが多いが、他には柳川鍋・牛鍋・鶏鍋などの鍋物や、親子丼などの丼に使われる汁についても言う。
上記の料理を見て解るとおり、割り下は比較的味の濃いもので、淡白な味の魚すきや寄せ鍋などの汁は、「つゆ」や「だし」と言うのが一般的である。

【関連語】

味(あじ) ウシ・牛(うし) 親子丼(おやこどん)
魚(さかな) 酒(さけ) 砂糖(さとう)
下地(したじ) 醤油(しょうゆ) 汁(しる)
スープ すき焼き(すきやき) 出汁(だし)
他人丼(たにんどん) タレ 汁・液(つゆ)
トリ・鳥(とり) 丼(どんぶり) 鍋(なべ)
ニワトリ・鶏(にわとり) 味醂(みりん) 柳川鍋(やながわなべ)
料理(りょうり) レシピ 割る(わる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス