割れ鍋に綴じ蓋

【意味】 割れ鍋に綴じ蓋とは、どんな人にもぴったり合う相手があること。似たもの同士がよいことのたとえ。割れ鍋に綴蓋。「割れ鍋に閉じ蓋」と書くのは間違い。江戸いろはかるたのひとつ。

【割れ鍋に綴じ蓋の語源・由来】

「割れ鍋」とは、割れて壊れた鍋のこと。
「とじ蓋」は「綴じ蓋」と書くとおり、繕って修繕した蓋のことで、「閉じ蓋」ではない。
壊れた鍋にもうまく合う修繕した蓋があるという意味から、誰にでもぴったり合う相手がいることや、似たもの同士が一緒になればうまくいくことのたとえとなった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス