ワニ

【意味】 ワニとは、ワニ目の爬虫類の総称。全長1メートルから大形のものは7メートルに達する。体表は硬い鱗板で覆われる。

【ワニの語源・由来】

元々、日本に生息しない生き物であるが、上代からその名は見られる。
古代の日本では「サメ」に対して用いた呼称で、鋭い歯が並ぶ口や獰猛な性質が似ていることから、爬虫類の「ワニ」にこの名が用いられるようになった。
語源には、その口から「ワレニクキ(割醜)」の意味や、心からおそれ敬うものの意味から「アニ(兄)」の転。
「ワタヌシ(海主)」の略や、「オニ(鬼)」の転、オロッコ族の言葉で「アザラシ」を指す「バーニ」など諸説あるが未詳である。
漢字の「鰐」は、呉音・漢音共に「ガク」であるが、日本では古くから「ワニ」と訓読みされている。
「鰐」の「咢」には「驚く」の意味もあるが、ここでは「がくがくと噛み合わせる」といった意味で、「顎(あご)」と同系である。

【関連語】

顎(あご) アザラシ・海豹(あざらし) 兄(あに)
アリゲーター アルマジロ イモリ・井守(いもり)
イリエワニ・入江鰐(いりえわに) 海(うみ) ウミワニ・海鰐(うみわに)
鱗(うろこ) 鬼(おに) カイマン
ガビアル カブトガニ・兜蟹(かぶとがに) 噛む・咬む(かむ)
カメ・亀(かめ) カメレオン 口(くち)
クロコダイル サイ・犀(さい) サメ・鮫(さめ)
スッポン・鼈(すっぽん) 鋭い(するどい) 竜・龍(たつ)
トカゲ・蜥蜴・石竜子(とかげ) ナイルワニ・ナイル鰐 主(ぬし)
歯(は) ヘビ・蛇(へび) 醜い(みにくい)
ヤモリ・守宮(やもり) 竜・龍(りゅう) ワニガメ・鰐亀(わにがめ)
ワニチドリ・鰐千鳥 ワニナシ・鰐梨(わになし) 割る(わる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス