惑星

【意味】 惑星とは、恒星の周囲を公転する、自ら発光しない比較的大きな天体。太陽系では、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星を指し、冥王星は2006年に準惑星に分類された。遊星。

【惑星の語源・由来】

規則的に動く星を「恒星」と呼ぶのに対し、惑うように位置を変えることから「惑星」と呼ぶようなった。
その不規則さから、「遊星」とも呼ぶ。
中国の古代天文学では、木火土金水の五行に当て「行星(こうせい)」と呼び、日本でも「行星」の使用例は見られるが、「恒星」と同音のせいか使われなくなり、「惑星」が一般的な呼称となった。

【関連語】

天の川(あまのがわ) アルタイル 宇宙(うちゅう)
御天道様(おてんとうさま) 織姫(おりひめ) 銀河(ぎんが)
恒星(こうせい) コスモス コメット
彗星(すいせい) スター 空(そら)
太陽(たいよう) 七夕(たなばた) 月(つき)
ハレー彗星(すいせい) 日(ひ) 彦星(ひこぼし)
プラネット ベガ 星(ほし)
惑う(まどう) ミルキーウェイ ロケット

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス