若いツバメ

【意味】 若いツバメとは、年上の女性の愛人となっている若い男をいう俗語。若いつばめ。若い燕。

【若いツバメの語源・由来】

明治時代の婦人運動・女性解放運動の先駆者 平塚雷鳥と、年下の青年画家 奥村博史の恋に由来する。
平塚が年下の男と恋に落ちたことで、平塚を慕う人々の間で大騒ぎとなり、奥村は身を引くことにした。
その時、奥村から平塚に宛てた手紙の中で、「若い燕は池の平和のために飛び去っていく」と書いたことから流行語となり、女性から見て年下の愛人をいうようになった。

【関連語】

アベック 池(いけ) 夫(おっと)
男(おとこ) 女(おんな) 駆け落ち(かけおち)
カップル 彼(かれ) 恋(こい)
竿師(さおし) 三角関係(さんかくかんけい) ジゴロ
ツバメ・燕(つばめ) 妻(つま) 手紙(てがみ)
年・歳(とし) ヒモ・紐(ひも) 不倫(ふりん)
妾(めかけ) 焼け木杭に火が付く ロリコン
若い(わかい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

若いツバメ(わかいつばめ)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス