ウォーター

【意味】 ウォーターとは、水。飲料水。

【ウォーターの語源・由来】

ウォーターは、英語「water」からの外来語。
英語の「water」は、古い印欧語で「濡らす」「湿らす」「流れる」といった意味の「awed-」に由来する。
「awed-」から「水」を意味する「wedor」や「wodor」が生まれ、英語で「woeter」となって、「water」になった。
「wedor」や「wodor」からは、「ウイスキー」の語源となるアイルランド語の「uisce(水)」、「ウォッカ」の語源となるロシア語「voda」になっている。
日本では、冷たいものを「水」、温度があるものを「湯(ぬるま湯・熱湯)」というように、温度の有無によって別物として扱うが、英語の「water」は温度に関係しない言葉で、温度を表す際は「hot water」「cold water」などと表現する。

【関連語】

アイス アクア 熱い・暑い(あつい)
アルコール 井戸(いど) ウイスキー
ウォッカ 液(えき) カラン
湿る(しめる) 蛇口(じゃぐち) シャワー
ジュース 汁(しる) スプリンクラー
冷たい(つめたい) ドリンク 流れる(ながれる)
温い(ぬるい) 濡れる(ぬれる) 飲む・呑む(のむ)
バス(風呂) プール 風呂(ふろ)
ホース ポンプ 水(みず)
ミネラル 湯(ゆ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス