ウインナー

【意味】 ウインナーとは、ヒツジ・ヤギの腸に挽き肉を詰めた小形のソーセージ。数珠つなぎにしてあることが多い。ウィンナー・ソーセージ。

【ウインナーの語源・由来】

オーストリアのウィーンで作り始められたことから、「ウィーン風の」という意味でこの名がついた。
つづりには、英語からの「Vienna」とドイツ語からの「Wiener」がある。
JAS(日本農林規格)では、羊腸を使用したものを「ウインナー」、豚腸を「フランクフルト」、牛腸を「ボロニア」とし、人工のケーシング(詰め袋)を使用する場合は、太さ20mm未満のものを「ウインナー」、20mm以上36mm未満のものを「フランクフルト」、36mm以上のものを「ボロニア」としている。
しかし、これは日本国内の基準で、本家のウィーンでは「ウインナー」を「フランクフルト」と呼ぶ。

【関連語】

ウシ・牛(うし) コンビーフ サラミ
ソーセージ チャーシュー・叉焼 チョリソー
肉(にく) ハム ビーフジャーキー
ヒツジ・羊(ひつじ) ブタ・豚(ぶた) フランクフルト
ベーコン ホットドッグ ボローニャ・ボロニア
ミンチ ヤギ・山羊(やぎ) ランチョンミート

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス