うずら

【意味】 うずらとは、キジ目キジ科の鳥。わが国ではキジ科の中で一番小さく、全長約20センチ。茶色の地に黒や黄白の斑がある。肉・卵ともに食用とされる。

【うずらの語源・由来】

旧仮名遣いは「うづら」で奈良時代から見られ、語源は下記の通り諸説ある。
1.「ウ」が「草むら」を意味し、「ツラ」は「連なる」の「ツラ」とする説。
2.「ウ」は「ふ(生)」の転で、「ツラ」は「連なる」の「ツラ」とする説。
3.朝鮮語の「モヅラ」や「モッチウラァキ」に由来する説。
4.茂草の中にいることから、「ウヅミアル(埋有)」の転呼とする説。
5.冬に暖地に渡る渡り鳥であることから、「ウツル(徒・移)」の転呼、もしくは「ウツラ鳥」の略とする説。
6.鳴き声に基づく名で、鳴き声が憂く辛いことから、「ウ(憂)」「ツラ(辛)」とする説。
7.鶏の雛のように体が丸く、うずくまっているように見えることから、「ウヅ」は「ウヅクマル(蹲)」の「ウヅ」で、「ラ」は接尾語とする説。
正確な語源は解っていないが、肉や卵を食するために飼われた鳥ではなく、古くは鳴き声を鑑賞するために飼われたことから鳴き声に由来するか、丸みを帯びた体が特徴的なので「ウヅクマル(蹲)」の説あたりが妥当であろう。
「享」の字は「ずんぐりしている」といった意味を含んでおり、「鶉」は「ずんぐりした鳥」を表した漢字である。

【関連語】

蹲る(うずくまる) ウズラガイ・鶉貝(うずらがい) 鶉格子(うずらごうし)
鶉衣(うずらごろも) ウズラタケ・鶉茸(うずらたけ) 鶉立ち(うずらだち)
鶉縮緬(うずらちりめん) 鶉手(うずらで) 鶉斑(うずらふ)
ウズラマメ・鶉豆(うずらまめ) ウズラモク・鶉杢・鶉木 鶉餅(うずらもち)
オナガドリ・尾長鶏 黄色(きいろ) キジ・雉・雉子(きじ)
キンケイ・錦鶏(きんけい) ギンケイ・銀鶏(ぎんけい) クジャク・孔雀(くじゃく)
黒(くろ) コジュケイ・小綬鶏(こじゅけい) サンケイ・山鶏(さんけい)
シチメンチョウ・七面鳥 シャコ・鷓鴣(しゃこ) シャモ・軍鶏(しゃも)
ジュケイ・綬鶏(じゅけい) 白(しろ) ずんぐりむっくり
セイラン・青鸞(せいらん) セキショクヤケイ・赤色野鶏 ターキー
卵・玉子(たまご) 小さい(ちいさい) チキン
茶色(ちゃいろ) チャボ・矮鶏(ちゃぼ) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) 名古屋コーチン 肉(にく)
ニワトリ・鶏(にわとり) ハッカン 雛(ひな)
雛(ひよこ) ブチ・斑(ぶち) ブロイラー
ホロホロチョウ・ほろほろ鳥 斑(まだら) ミフウズラ・三斑鶉
ヤケイ・野鶏(やけい) ヤマウズラ・山鶉(やまうずら) ヤマドリ・山鳥(やまどり)
ライチョウ・雷鳥(らいちょう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス