有象無象

【意味】 有象無象とは、群がり集まった取るに足らない者たち。種々雑多なつまらない連中。有像無像。

【有象無象の語源・由来】

有象無象は、仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」に由来する。
有相無相とは、現象と真理、姿や形をもつものともたないもの全てを意味する言葉で、「相」は姿や形を意味する。
「有相無相」から「有象無象」に転じた理由は、「相」は一般に理解しがたい言葉で「像」の方が「形」を表す語として解かりやすく、「像」を用いたことで音が「ぞう」になり、「象」が当てられたとされるが不明。
あらゆる全てのものの意味から、多く集まったつまらない連中を意味するようになったのは、「有象無象」に転じた以降で、「うじゃうじゃ」や「うじょうじょ」などの語感と似るようになったことと、元の意味からの派生と考えられる。
古くは、「有象無象」と表記した例も見られるが、現代では誤りとされる。

【関連語】

集める(あつめる) 烏合の衆(うごうのしゅう) おしくらまんじゅう
形(かたち) 雁首をそろえる ぎっしり
ごった返す(ごったがえす) 雑魚(ざこ) 森羅万象(しんらばんしょう)
姿(すがた) 鮨詰め(すしづめ) 鈴なり(すずなり)
ゾウ・象(ぞう) 大衆(たいしゅう) つまらない
びっしり 群れ(むれ) 目白押し(めじろおし)
輩(やから) 立錐の余地もない 坩堝(るつぼ)
ろくでなし

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

有象無象(うぞうむぞう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
有象無象の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
有象無象の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス