上前をはねる

【意味】 上前をはねるとは、賃金や代金の一部を仲介者が自分のものにする。ピンはねをする。

【上前をはねるの語源・由来】

「上前」は「上米(うはまい)」が転じた語。
上米とは江戸時代に神領などで年貢米を通すために課した通過税のことで、転じて、仕事や売買の仲介者が取る手数料を意味する。
「上前」は「上米」の音と意味から変化した言葉で、上前をはねるの同意句には「上米をはねる」があり、類句には「頭をはねる」や「ピンはねする」がある。
「撥ねる(はねる)」は「はじきとばす」といった意味のほか、「人の一部をかすめとる」という意味で用いられる語である。

【関連語】

頭(あたま) 印税(いんぜい) 上(うえ)
横領(おうりょう) 掠り・擦り(かすり) カツアゲ
金(かね) ギャラ 血税(けつぜい)
コミッション 米(こめ) 鯖を読む(さばをよむ)
ショバ代(しょばだい) 税金(ぜいきん) せがむ
せびる 集る(たかる) 駄賃(だちん)
チップ 着服(ちゃくふく) 手当て(てあて)
問屋(とんや) 強請る(ねだる) 跳ねる・撥ねる(はねる)
ピンはね 歩合(ぶあい) ぼったくり
マージン 前(まえ) みかじめ料(みかじめりょう)
強請る(ゆする) 利鞘(りざや) 利息(りそく)
リベート ロイヤリティー 割り勘(わりかん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス