うわばみ

【意味】 うわばみとは、巨大な蛇の俗称。大蛇。おろち。大酒飲みをいう俗語。

【うわばみの語源・由来】

うわばみは、15世紀頃から見られ、古代語の「をろち(おろち)」に代わって用いられるようになった語。
うわばみの「うわ」は、「上回る」「上手」などと同様の「うわ」とする説と、「大(おほ・うは)」が転じたとする説がある。
うわばみの「ばみ(はみ)」は、食物を食べたり噛んだりする意味の「食む(はむ)」の連用形から転じたとする説、蛇の古形「へみ」から転じたとする説、マムシの古語「はみ」から転じたとする説などあるが、ヘビの古形「へみ」やマムシの古語「はみ」の語源が「食む」なので、どれが正しいというわけではなく、同源と考えるべきであろう。
大酒飲みを「うわばみ」と言うようになった由来は、大蛇は大きな物でも大量に飲み込むためである。

【関連語】

アオダイショウ・青大将 アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇
数多(あまた) アミメニシキヘビ・網目錦蛇 ウミヘビ・海蛇(うみへび)
多い(おおい) 大きい(おおきい) 大蛇(おろち)
噛む・咬む(かむ) ガラガラヘビ・がらがら蛇 ガラスヒバア
カラスヘビ・烏蛇(からすへび) 仰山(ぎょうさん) キングヘビ・キング蛇
クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび) 蛇(くちなわ) 蝮(くちばみ)
下戸(げこ) コブラ サイドワインダー
酒(さけ) サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンドバイパー
しこたま シマヘビ・縞蛇(しまへび) ジムグリ・地潜(じむぐり)
上戸(じょうご) シロマダラ・白斑(しろまだら) スネーク
沢山(たくさん) 食べる(たべる) 鱈腹(たらふく)
たんと たんまり ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび)
ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り 飲む・呑む(のむ) パイソン
ハブ・波布・飯匙倩(はぶ) ハミ・蝮(はみ) ヒバカリ・日計・竹根蛇
ヒャッポダ・百歩蛇 ふんだん ヘビ・蛇(へび)
ボア(ヘビ) マムシ・蝮(まむし) 満タン(まんたん)
無尽蔵(むじんぞう) メガネヘビ・眼鏡蛇 メクラヘビ・盲蛇(めくらへび)
ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス