美しい

【意味】 美しいとは、形・色・音などがきれいであること。

【美しいの語源・由来】

『万葉集』に「父母を見れば尊し妻子見れば米具斯宇都久志(めぐしうつくし)」とあるように、上代では妻子など自分より弱い者に対して抱くいつくしみの感情を表した。
平安初期以降、小さいものや幼いものに対する「かわいい」「いとしい」といった感情を表すようになり、平安末期頃から「うつくしい」は「きれいだ」を意味するようになった。
漢字の「美しい(美)」は「羊+大」で、形の良い大きなヒツジを表しており、中国古代の王朝「周」の人々が、ヒツジを最も大切な家畜としていたことからと考えられている。

【関連語】

天晴れ(あっぱれ) 艶やか(あでやか) イケてる
イケメン 慈しむ(いつくしむ) 愛しい(いとしい)
色(いろ) 色男(いろおとこ) うまい
麗しい(うるわしい) エクセレント 美味しい(おいしい)
大きい(おおきい) 幼い(おさない) 音(おと)
男前(おとこまえ) 形(かたち) 可愛い(かわいい)
完璧(かんぺき) 汚い(きたない) キュート
煌びやか(きらびやか) 綺麗・奇麗(きれい) グッド
グレイト 結構(けっこう) 子(こ)
ゴージャス 上等(じょうとう) 素敵(すてき)
素晴らしい(すばらしい) 小さい(ちいさい) 父(ちち)
妻(つま) ナイス 二枚目(にまいめ)
パーフェクト 華やか・花やか(はなやか) 母(はは)
ハンサム ヒツジ・羊(ひつじ) ビューティフル
ファンタスティック ブス プリティー
別嬪・別品(べっぴん) マドンナ 見事(みごと)
醜い(みにくい) 汚れる(よごれる) 弱い(よわい)
立派(りっぱ) ワンダフル

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス